格安SIMの「5分かけ放題」で損をしないために絶対知っておくべきこと

シェアする

5分かけ放題のオプションを提供している格安SIMはとてもたくさんあります。

どれも同じに見えますが、実は使ったときに結構大きな差があるのです。

特に、キャリアから乗り換える人は最初はどの格安SIMも同じに見えてしまいます。

5分かけ放題を選ぶとき契約した後で後悔しないためには、

通話が5分をオーバーした後の通話料金が高くないか?

をチェックしておくのが必須です。

そして数ある格安SIMの中で、そんな条件にピッタリ当てはまるのが楽天モバイルの楽天でんわです。

楽天でんわなら、もし5分オーバーしても半額

出来れば5分以内の通話で要件を済ませて切った方が節約できますが、夢中で通話すればオーバーしてしまうことって結構あります。

楽天でんわは5分を超えたときも、通常の通話料金に比べて半額で収まります。

5分オーバーしてしまうときなんてのは長電話してしまうことがほとんど。

5分オーバーすると格安SIMの場合、結構高くつきます。

だからその時の通話料が半額に収まると考えると、実はめちゃめちゃ重要なポイントです。

普通の5分かけ放題オプションでは5分を過ぎると通話料金が元に戻ってしまいますが、楽天でんわであればその後の通話料金もお得になります。

内訳は、国内通話が10.8円/30秒となっています。

通常の通話料金が20円/30秒と考えると、5分以降でも半額で通話が可能なので絶対にお得です。

5分かけ放題オプションについて

楽天モバイルの5分かけ放題オプションは、文字通り5分以内の国内通話が回数無制限で発信可能になるオプションです。

短い要件の電話をかける人にオススメなので、上手く利用すれば月額料金を節約出来ます。

例えば5GBプランを例に取って説明しますと、

キャリアは月額基本料+通話料+データ通信料で月額7000円

になりますが、

楽天モバイルだと通話料+5GBプランで月額3000円(5分かけ放題込み)

と、半分以下まで抑えられます。

つまりキャリアから格安スマホに乗り換える事で、同じ5GBプランでも毎月4000円の節約、1年間で48000円も節約出来る事がわかります。

IP電話より断然通話品質がいい

楽天モバイルの5分かけ放題オプションは「楽天でんわ」アプリを使って発信します。

このオプションは相手の電話番号の頭に番号を追加してかけ放題とする「プレフィックス方式」を採用していますが、アプリからの発信であれば番号を自動的に加えてくれるので手間がかかりません。

通話が多い人が料金を抑える方法に「IP電話」もあります。

プレフィックス方式は、IP電話に比べると少々割高です。

しかし、IP電話のデメリットである

・フリーダイヤルや緊急電話番号(119や110)に発信出来ない

・3G回線だとたまに通話が不安定になる

といったことがありません。

電話回線を使っているので、途切れる事なく普通に通話出来ます。

まとめ

楽天モバイルであれば、かけ放題オプションを付けてもキャリアとは比べ物にならないほど安価でスマホを使う事が可能です。

短い要件の電話を何度もかける人であれば、かけ放題オプションを上手く利用して月額料金を節約出来ます。

楽天でんわなど、より安心かつ快適に通話する為のオプションもありますので、電話をたくさんかける人は是非申し込んでみてください。

途切れる事なく普通に通話出来るうえに通話料金もそのままお得になるので、より電話をかけるのが楽しくなりますよ。

また通話回数が多い事から、格安スマホへの乗り換えをなかなか決められないユーザーにとっては非常にオススメです。

では、貴方のスマホライフに幸あらん事を!

シェアする

フォローする