デュアルSIMスマホでキャリアとMVNOのいいとこ取りってずるくない?

シェアする

ついにSIM切り替えの必要がなくなったデュアルSIMスマホ。

これまでのわずらわしさが無くなりとても便利です。

そんなデュアルSIMスマホのお得な使い方についてお教えします。

デュアルSIMについて

2つのSIMカードを1つのスマホで使うデュアルSIMスマホ。

BIGLOBEから購入できるMoto G4 Plusを例に紹介しましょう。

この端末は2枚のSIMカードを同時に通信する事が出来ます。

3GBのRAM(内蔵メモリ)を採用し、性能も良好、市場価格は3万2800~3万5800円と比較的安価となっています。

Moto G4 Plus最大の特徴がSIMカードを2枚挿入出来る「デュアルSIM」機構です。

以前まではデュアルSIMといってもSIMカードの切り替え設定が必要で、しかもスロットが欧米で広く採用されているGSM方式にしか対応していなかったので結局不便でした。

しかし2016年からは切り替え不要のデュアルSIMがどんどん登場しています。

デュアルSIMスマホは電波法違反?

しかし、デュアルSIMを利用する上で注意すべき点があります。それは電波法違反です。

スマホを国内で販売する時に重要となるのが技適マークです。

技適マークがついてない端末で通信を行うことは犯罪となり「電波法違反」となります。

「技適」とは技術基準適合証明もしくは技術基準適合認定の略で、かいつまんで説明すると「日本で使ってもいい」と国が認めた証が技適マークです。

海外製のSIMフリー端末には技適マークがついていないことが多いので注意が必要です。

さらに通常、日本ではデュアルSIMスマホによる「同時通信」は電波法違反になります。

しかし、「同時待ち受け」であれば問題ないとなっており、Moto G4 PlusのデュアルSIM機構はこちらにあたります。

日本の会社であるBIGLOBEからMoto G4 Plusを購入するのであれば、電波法違反を気にせずデュアルSIMスマホのお得な機能を利用できるわけです。

デュアルSIMスマホのお得な使い方

続いては、デュアルSIMスマホを手に入れたら何を契約して使えばお得なのかを紹介します。

KDDIやソフトバンクなどキャリアの料金プランは通話料が無料の代わりに、基本料金と通信料金が恐ろしく高いです。

ソフトバンクを例に見てみましょう。

例)ソフトバンクのデータ通信料金
2GB 3,780円
5GB 5,400円
10GB 8,640円
15GB 13,500円
20GB 17,280円
30GB 24,300円

このようになっています。では格安SIMと比較してみましょう。

以下はDMM mobileのデータ通信料金です。

例)DMM mobileのデータ通信料金
1GB 637円
5GB 1,306円
10GB 2,365円
15GB 4,935円
20GB 6,577円

結果は一目瞭然ですね。

デュアルSIMスマホは通話にはドコモのカケホーダイを使いたい、でもデータ通信は格安SIMが安いから格安SIMで使いたいという人に向けた製品です。

切り替え作業不要で「通話時はカケホーダイ」、「データ通信時は格安SIMの通信回線」を選択してくれるわけです。

Moto G4 Plusの購入方法

BIGLOBE SIMとdocomoのカケホーダイを組み合わせた形でシミュレーションしましょう。

1.BIGLOBEでMoto G4 PlusをSIMカードとセットで購入

SIMカードの契約はSMSも音声通信も必要ないので、データ通信SIMで結構です。

データ通信量は後でも変更出来るので、3GB程度を契約しておきましょう。

2.docomoのカケホーダイ用のSIMカードを契約

デュアルSIMスマホは2枚のSIMカードを利用するので、もう一枚ドコモでもカケホーダイの契約をしましょう。

契約はスマホからなら2,700円で出来ます。

3.SIMカードをセットして初期設定

それぞれBIGLOBEとドコモで契約したSIMカードをSIMスロットにセットし、BIGLOBE SIMのAPNプロファイルを設定して完了です。

まとめ

ここまで紹介してきたデュアルSIMスマホは、あくまでキャリアとMVNOのいいとこ取りをしたい人向けです。

従って長電話はあまりしない人にこのスマホを手にする意味はあまりなく、むしろ普通のスマホで格安SIMを使う方が良いでしょう。

どうしても使いたい人は技適マークが付いているか確認し、電波法違反に注意した上で使ってください。

では、貴方のスマホライフに幸あらん事を!

シェアする

フォローする