デビットカードでもイケる格安SIM先輩方

シェアする

審査なしですぐに作れるデビットカード。自分の銀行預金残高を決済限度額として利用するので、「疑似クレジットカード」とも言います。

そんなデビットカードが使える格安SIM・格安スマホについてお教えします。

最初の注意事項

最初に、一部MVNOにおいてはデビットカードだと、決済が通りませんのでご注意ください。

デビットカードが当たり前に使えるだろうと思って、SIMパッケージを購入してしまうと

「デビットカードが使えず契約出来ないし、SIMパッケージの返品も出来なかった。」

という事態に陥りますので、Amazon等でのSIMパッケージの購入はご注意ください。

格安スマホ・音声SIM・データSIMで違う?

デビットカード自体が使えるのであれば格安スマホでも音声SIMでもデータSIMでも使えます。

決済システムで当該カードでの決済を拒否しているかどうかだけなので、「同MVNOで格安SIMのみがデビットカードで申し込めて、格安スマホセットは申し込めない。」という事は基本的にありません。

各公式サイトからのオンライン申し込みであれば、初期費用の決済は契約完了後になるので、SIMパッケージの購入と違い、リスクはありません。

デビットカードで支払うメリット・デメリット

格安SIMの料金をデビットカードで支払うメリットやデメリットを紹介します。

メリット

・格安SIMを選ぶという選択肢が増える
・審査不要で15歳以上なら誰でも申し込める
・毎月の使用料金がメールで届く

15歳以上、つまり高校生からなら気軽に申し込める訳です。

勿論親権者の同意は必要ですが、クレジットカードと違い特にリスクもないので、デビットカードから始めてみてはいかがでしょうか?

またデビットカードを利用すると、口座から引き落とされた時に指定したメールアドレス宛にメールが届きます。その為、毎月の支払額が把握しやすくなります。

デメリット

・デビットカードのみ拒否しているMVNOはある
・口座残高の範囲でしか使えない

ほとんどの会社での支払い方法がクレジットカードに限定されていますが、これはカード会社の審査を通過した人なので、身分や支払能力を証明出来るからです。

デビットカードでは料金請求が踏み倒されるケースが多く存在するため、クレジットカード会社に料金請求を代行できる方が確実です。

そのためデビットカード利用に難色を示すMVNOがあることは仕方ないでしょう。

また、銀行口座と紐付けされるデビットカードでは当然残高より高い金額の買い物は出来ません。

残高が足りないと未払い状態となり、数日の間に入金がなければデビットカード利用停止となってしまします。

もしもの時を考えてデビットカードの銀行口座には多めに金額を入れておく事をオズズメします。

デビットカード対応のMVNO

公式でデビットカードに対応しているMVNOはそう多くありません。

OCNモバイルONE、mineo、UQmobile、DTI SIM、楽天モバイルの5社が公式にデビットカードにも対応しているMVNOです。

5社はどれも大手MVNOで品質やサービスには信頼がおけますので、使い勝手に関しては心配がいりません。

※公式ホームページなどで「デビットカード不可」と書かれていても実際は利用できるMVNOは多くありますので、一度電話などで問い合わせる方がよいです。

まとめ

クレジットカードと比べるとリスクが少ない分使いやすいのがデビットカードです。

どうしても使う人は、口座に多めに金額を入れておくようにしてください。カードが止められてしまったら元も子もありません。

いろんな事情でどうしてもクレジットカードが作れないという方には良い選択肢です。

一つの方法として知っておくとやはり便利だと思います!

では、貴方のスマホライフに幸あらん事を!

シェアする

フォローする