もしもシークスは諸費用が高い!データ通信のデメリットも気になるところ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はもしもシークスのデメリットについて紹介します。

・諸費用などが高い

・通話には強いが、データ通信は不安が残る

この2点は知っておきましょう。

もしもシークスの良い所も悪い所も両方知って、これからも有効活用してください。

もしもシークスのデメリット

もしもシークスのデメリットについて紹介していきます。

注意点として、プラン料金や手数料などの全体的な割高感は覚えておいて欲しいです。

ですが、不都合な事ばかりではなくもしもシークスならではのメリットもあるので、一度は目を通しておいてください。

諸費用が割高

まずは諸費用が高い事です。

手数料やオプションの費用が他社の格安SIMと比べて地味に高いです。

例えばもしもシークスの初期費用は5000円、他社の格安SIMでの一般的な価格だと3000円になります。

これは一目瞭然ですね。

またMNPだと予約番号発行手数料と転出手数料の2種類(値段は300円と3000円)ありますが、他社の格安SIMだと2つまとめて3000円で済みます。

もしもシークスのプランは基本となる0.5GBにオプションで付いてくるデータ容量を組み合わせて使うプラン構成になっています。

プランごとのデータ容量が他の格安SIMと比べて多いので一見お得に見えますが、月額料金を下げている(と思われる)現状では運営が厳しいので、各費用をやや割高にしてそれらで稼いでいるという印象を与えます。

オプションでは100円程度の誤差しかないので大して差を感じませんが、手数料に関しては明らかに割高です。

しかし、値段が高い分セキュリティ対策に強いとの声も挙がっているので、割高でも安全に利用したいという人にはもしもシークスの利用を推奨します。

端末購入も割高

次は端末についてです。

もしもシークスではSIMカードと一緒に端末を購入する事が出来ますが、どれも定価販売でありAmazonや市場などで購入する方が圧倒的に安い(機種にも寄りますが数千円の差があります)ので、端末は別途調達するようにしましょう。

特にiPhoneは絶対にSIMカードと一緒に買ってはいけません。

理由は全てのiPhoneがドコモのSIMロックがかかったアウトレット品なのに、しかも定価販売だからです。

もしもシークスはドコモ傘下であり、SIMカードを挿せばそのまま使えるので普通に使う分には問題ありません。

が、ドコモ端末は本人がドコモで購入したもの以外はSIMロック解除出来ないという色々面倒な理由もあります。

どうしてもiPhoneが欲しい場合は、Appleストアで買えばSIMロック解除が不要なSIMフリーのiPhoneが手に入るので、そちらの方がオススメです。

データ通信メインだとオススメしない

最後はデータ通信には向かない事ですが、この点については複数のデメリットが挙げられるので、順に説明しましょう。

通信速度が不明

1つ目は通信速度が不明な点です。

もしもシークスには速度制限がない為、毎月のデータ容量を使い切るまでは常に高速通信が出来るのがメリットです。

ただし、高速通信速度・低速通信速度ともに公式サイト上では公開されていない為、使用中に規制がかかっているのかどうかを判断する事は出来ません。

なのでユーザーは、今月は通信速度がどれだけ出ているかを自ら判断しなければならないのがデメリットです。

ターボ機能がない

2つ目は、高速通信のON/OFFを任意で切り替え出来ない、つまりターボ機能がない点です。

その為高速通信を行う必要のないテキスト主体のデータ通信(メール・ニュースサイト・LINEなど)でも常にデータ容量を垂れ流して続けてしまい、気が付いたらデータ容量がゼロになっていたという事も珍しくありません。

ON/OFFの切り替えが出来ればデータ容量の節約にも繋がるので、一刻も早く改善して欲しいところです。

もしもまとめ

もしもシークスは3年前に事業を開始したばかりの新鋭なので、サービスが心もとないなど仕方ない面もあります。

しかし、無料通話が出来る「かけ放題フル」など魅力的なプランもあるので、電話をする機会が多い人は検討する価値は大いにあると言えます。

では、貴方のスマホライフに幸あらん事を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする