OCNモバイルONEは口座振替が使える大手でも珍しい格安SIM

シェアする

「格安スマホでもストレスなく使える」が売りの「OCNモバイルONE」。今回はOCNモバイルONEの特徴やメリット・デメリットについて紹介していきます。

私的に注目なのは、

・バースト機能に対応

・信頼できる大手では珍しく口座振替可能

の二点ですね。

OCNモバイルONEについて

格安SIMのOCNモバイルONEの魅力は1日の通信量でプランを選択出来るDAYプランに始まる豊富なプラン設定を持った格安SIMである事。

プランは契約後も自由に変更出来るので豊富なプラン設定は長期的に利用しやすいです。

それらに加えてOCNでんわ・端末補償・各種セキュリティといったオプションも選べるなど、アフターサービスを重視した格安SIMだと言えます。

OCNモバイルONEのプラン

OCNモバイルONEの特徴は1日の通信量でプランを選択出来る110MB/日コースと170MB/日コースです。

月によって末日が30日と31日の2パターンあり、通常の月額プランであれば31日の月に少し不足しがちな通信量を気にする事なく毎日同じように使えます。

例えば110MB/日コースであれば月額900円で(末日が)31日の場合、月に3.4GBも使えるので他社にある月額900円のプランより多くの通信が可能になります。

毎日少しずつ利用する人であれば、日コースの方がオススメです。

また日コースの他にもキャリアの料金プランと同様に月3GB・5GB・10GB、更に500kbpsの低速通信ながらも15GB使えるコースも用意されています。

基本的には110MB・170MBコースか、3GB・5GB・10GBのプランから選べば問題なく使えるはずです。

OCNモバイルONEのオススメポイント

特徴的な日コース以外にもOCNモバイルONEの魅力はもっともっとありまっす。

契約後も自由なプランの変更

使い方に応じて月1回、コースの変更が可能です。

ただしコースの変更は1暦日(例:8月10日→9月9日までの1ヶ月)に1回のみとなっています。

なお月末日は申し込めないようになっています。

プランで余った通信量の繰り越しサービスが使える

日次プランは翌日まで、月次プランは翌月まで、利用コースの基本通信容量の残量を繰り越し出来ます。

ただし15GBコースには繰り越しが適用されませんので、ご注意ください。

ターボ機能

ターボをOFFにして低速通信に切り替える事で、通信速度が最大200kbpsになり、通信容量を消費せずに通信を行えます。

OCNモバイルONE独自の特典付き

OCN光インターネットのセット割、端末のレンタルサービスといった特典が付いてきます。

こういうのは地味にありがたい特典です。

口座振替可能

通常、格安SIMの支払いはどこも基本的にクレジットカード払いです。

OCNモバイルONEではクレジットカードを持っていない場合、口座振替も可能です。

クレジットカードがないだけで格安SIMの選択肢が選べなかった人にはでかいポイントです。

バースト転送機能に対応

最近ではバースト転送機能(回線の増強などにより読み込み速度を上げる機能)の対応も開始するなど、安定かつ高速化した通信速度の提供に尽力しています。

バースト転送機能では速度制限下でも一定の通信容量なら高速通信してくれる機能で、webページの閲覧やSNSにはかなり便利です。

※注意点

1日もしくは月間契約の通信量を超過した場合、通信速度が最大200kbpsまで落ちてしまいます。おそらくこれが最大のデメリットになるでしょう。

ターボ機能をOFFにしているならまだしも、標準で通信速度を落とされてはたまったものではないハズです。

またOCNモバイルONEにはキャリアメールがないので、Gmail等のフリーメールを自ら準備する必要があります。こちらはすぐに登録出来るので良いので先にやっときましょう。

まとめ

OCNモバイルONE最大の魅力は、1日の通信量でプランを選択出来る事にあると思います。

大まかな月の通信量で決めるよりも目安は正確だと思いますし、上手く活用すれば翌月への通信量の繰り越しなどもあって、節約にも繋がるでしょう。

通信量を超過して通信速度が落ちるような事態にでもならなければ、特に問題ありません。

そんなところで、では、貴方のスマホライフに幸あらん事を!

シェアする

フォローする