LINEモバイルの料金支払いをLINE Payカードで口座振替に!

シェアする

LINEモバイルの決済にはLINE PayとLINE Payカードが利用できます。特にLINE Payカードは銀行口座からのオートチャージが可能。LINEモバイルでは実質口座振替ができるようになっています。

LINE Payカードがあれば申し込み時にもクレジットカードが必要ありません。

LINEモバイルの支払い方法の種類

基本的に格安SIMの料金はクレジットカード支払いです。ごく一部で口座振替できる会社もありますが、申し込み時には結局クレジットカードが必要だったりも。

LINEモバイルでは、審査なしのLINE Payカードを申し込めば口座振替が可能になります。

【LINEモバイルで利用可能な4つの料金決済方法】
クレジットカード/LINE Pay/LINE Payカード(バーチャルカード含む)/LINEポイント支払い■つまりクレジットカードなしでも申し込みが可能

  • クレジットカード
  • LINE Pay(LINEモバイル申し込みにはクレジットカードが必須)
  • LINE Payカード(バーチャルカード含む)
  • LINEポイント支払い

上記4つがLINEモバイルの支払いに使える方法です。LINEポイント支払いはポイント割引のようなものです。

それ以外はややこしいので、まずはこう認識してもらうと解説が分かりやすいと思います。

「LINE Pay」と「LINE Payカード」は、まったく違う決済方法。

「LINE Payカード」のみがクレジットカード不要。

LINEモバイルの料金詳細は…

→ LINEモバイルの料金プランシミュレーションと電話料/SMS料

LINE PayとLINE Payカード(バーチャルカード含む)とLINEポイント

LINE PayはLINEモバイルが運営する電子マネーです。そしてLINE Payカードは、その電子マネーをチャージ可能なプリペイドカードとして使えるようにした決済方法です。

LINE PayとLINE Payカードを利用すると特典としてLINEポイントがもらえるようになっています。

【LINE PayとLINE Payカードの違い】
クレジットカードを登録して使う「電子マネー決済」と、審査なしで申し込みできる「残高チャージ式プリペイドカード」(バーチャルカードも同様)

  • LINE Pay = 電子マネー決済
  • LINE Payカード = チャージ式プリペイドカード

※更にLINE Payカードには「カード番号」だけが配布される「バーチャルカード」がある。

→ LINE Payには「カード番号」がない

LINEモバイルに申し込む際にはクレジットカード番号等の「カード番号」です。

LINE PayはLINEアプリ上で表示されるコードを用いて決済を行いますが、カードではないため「カード番号」がありません。

→ LINE Payカード(バーチャルカード含む)には「カード番号」がある

LINE Pay上でカードを発行して入手できるのがLINE Payカードです。LINE Payカードには「カード番号」があります。

LINE Payカードのカード番号はLINEモバイルに申し込む際、クレジットカードの代わりに入力することができます。

→ LINE Payカードは口座引き落としによるオートチャージも可能

LINE Payカードでは決済方法の一つとして、銀行口座を登録してからのオートチャージが可能です。

『銀行口座 → オートチャージ → LINE Payカード → LINEモバイル料金支払い』

という流れも可能になっています。

→ LINEモバイル契約中にどちらからでも変更可能

すでにクレジットカードなどで申し込んでLINEモバイルを利用している方も変更することができます。

逆も可能なので、決済方法はいつでも好きな方法を選ぶことができます。

【LINEポイント】
LINE Pay・LINE Payカード利用額の最大2%がポイントとして貯まる/還元率は前月のインセンティブ(バッジカラー)で決定する/様々な交換先で利用できる

LINE PayとLINE Payカードでは銀行口座との連携を行うと、インセンティブ内容に応じて100円毎にLINEポイントが付与されます。

利用額に応じてグリーン・ブルー・レッド・ホワイトのバッジカラーが与えられます。

ポイント還元率

  • グリーン:LINEポイント2%(100円につき2ポイント)
  • ブルー:LINEポイント1%(100円につき1ポイント)
  • レッド:LINEポイント0.5% (200円につき1ポイント)
  • ホワイト:LINEポイント0%

ポイントの利用方法

  • LINEスタンプや着せ替えと交換
  • LINE Pay(カード)に1ポイント=1円でチャージ
  • LINEモバイル料金の支払い
  • LINE関連サービスで使用
  • Amazonなどのギフト券に交換

LINE Payカード支払いのメリット・デメリット

LINEモバイルの利用でもっともメリットが多いのがLINE Payカードによる支払い。

そのためクレジットカードを持っていてもLINE Payカードを使うという選択もアリです。

【メリット】
クレジットカードなしでもLINEモバイルに申し込み・決済ができる/ネットから無料で簡単に作れる/オートチャージで銀行引き落としができる/JCB加盟店で使える/プリペイドなので使いすぎのリスクが少ない/LINEポイントが貯まる

  • LINEモバイルの申し込み・決済に使える
  • ネットから審査無しで簡単に作れる
  • オートチャージで口座振替ができる
  • クレジットカードのようにJCB加盟店で使える
  • 残高がなくなれば使えないので使いすぎにくい
  • LINEポイントが自然に貯まる

→ LINE Payが残高不足になったらチャージしよう

LINEPayのチャージは、銀行口座・コンビニ・チャージ専用口座・Pay-easy・オートチャージといった様々な方法で行えます。

特に便利なのは残高が一定金額を下回ると自動でチャージする「オートチャージ」です。

→ LINE Payカードを使えば、LINEモバイルの利用料金を銀行引き落としで支払いできる

LINE Payを銀行口座からのオートチャージに設定し、LINEモバイルをLINE Payカードで申し込めば支払いはすべて自動化されます。

つまりLINEモバイルはLINE Pay申し込みとオートチャージと組み合わせると、銀行引き落としが可能な格安SIMということになります。

→ クレカなしならLINE Payカード支払いが絶対にオススメ

格安SIMの中でもクレジットカードなしで申し込める会社は限られています。LINEモバイルは数少ないその中の一社です。

新たにクレジットカードを申し込む気満々なら問題ありません。もしクレジットカード申し込みに気が進まないのなら、是非LINE Payカードを利用しましょう。

【デメリットと注意点】
新規に発行する必要がある/スマホの分割購入ができない/残高不足だとLINEモバイル回線が利用停止になることも/オートチャージ対応は一部銀行のみ/不正利用時の補償額は10万円まで

  • 新たに申し込む分手間がかかる
  • スマホの分割購入には使えない
  • チャージ不足で料金が支払えないと回線利用停止になる
  • オートチャージに対応している銀行は一部しかない
  • 盗難等で不正利用された際の補償額は10万円まで

特に注意するべきはチャージ不足による、LINEモバイルの料金未払いです。いきなり回線が使えなくなることはありませんが、何度も続くと利用停止になることがあります。

余裕を持ってチャージしておくか、オートチャージにしておくかで備えるようにしましょう。

LINE Pay支払いのメリット・デメリット

あえてLINE Payカードを申し込まずに、LINE PayだけでLINEモバイルを利用する場合はメリットが減ります。

【メリット】
LINE Pay利用中ならカード情報を入力する必要がない/ネットから無料で簡単に作れる/オートチャージで銀行引き落としができる/プリペイドなので使いすぎのリスクが少ない/LINEポイントが貯まる

  • LINE Payの申し込みだけなので少し手間が減る
  • ネットから審査無しで簡単に作れる
  • オートチャージで口座振替ができる
  • クレジットカードのようにJCB加盟店で使える
  • 残高がなくなれば使えないので使いすぎにくい
  • LINEポイントが自然に貯まる

LINE Payカードと比べたメリットは、LINE Payカードを申し込む手間が減るというくらいです。

【デメリットと注意点】
LINEモバイルの申し込みには結局クレジットカードが必要になる/スマホの分割購入ができない/オートチャージ対応は一部銀行のみ/不正利用時の補償額は10万円まで

LINE Payの支払いも銀行引き落としにすることができます。さらにLINE Pay支払いでLINEモバイルに申し込むこともできます。ですがクレジットカード番号が必要になります。

基本的なデメリットもLINE Payカードと同様ですが、大きく違うところはその一点。

→どうせLINE Payを使うのならLINE Payカードも申し込むべき

LINE Payに登録したなら、LINE Payカードの申し込みもすぐです。

せっかくならLINE Payカードもついでに申し込んだ方が選択肢が増えます。

クレジットカード支払いのメリット・デメリット

クレジットカードの利用に抵抗がないのであれば、他社格安SIM同様です。

手続きを行えばLINEポイントも貯めることができるので、大きく損をするわけでもありません。

【メリット】
クレジットカードを持っているならそのまま使える/支払いを一元管理できる/不正利用時の補償額が大きい(100万円など)/契約者連携すればLINEモバイル利用料金に対してLINEポイントも貯まる

  • 持っているクレジットカードをそのまま使える
  • カード明細で同時に確認など一元管理できる
  • 基本的にどの会社も補償額が大きい
  • 契約者連携をすればLINEポイントが貯まる

要はラクチンだということです。細かい手続きは面倒くさいという方はクレジットカードでそのまま申し込むことをオススメします。

【デメリットと注意点】
持っていない人は審査を通って新しく作る必要がある/未成年や学生の場合はそもそも作るのが大変/クレジットカード自体に抵抗がある人にはハードルが高い

  • ない場合は審査を通り新しく作らなくてはいけない
  • 安定した収入がないと作るのが難しい
  • クレジットカードに抵抗がある人はどうしようもない

学生さんなどは特に厳しいデメリット。この辺の救済措置がLINE Payカードです。

LINE Payカードを申し込んで口座振替にする方法

実際にLINE Payカードの口座振替(オートチャージ)を申し込むのはすごく簡単です。LINEアプリ上からできるので、使っていない人はインストールしてください。

【まずはLINE Payに登録】
LINEアプリの設定から申し込む → プライバシーポリシーや規約に同意する → パスワードを設定して完了

①LINEアプリを開き設定から「LINE Pay」を選ぶ

②LINE Payの画面で「はじめる」を選ぶ

③「すべてに同意」に✓を入れて「新規登録」を選ぶ

④「Payパスワードを設定せずに~」という長文をタップする

⑤パスワード設定画面になるので入力する

⑥完の了!

【LINE Payカードを入手】
LINEアプリのLINE Pay画面で利用開始手続きを選ぶ → カードを申し込む → デザインを決める → 必要情報を入力して確定 → 1周間ほどで到着

①LINEアプリ上のLINE Pay画面で「LINE Payカードの利用開始手続き」を選ぶ

②「カードを申し込む」を選ぶ

③デザインを選んだら「次へ」をタップする

④名前を入力して「次へ」をタップする

⑤住所などの情報を入力し「申込確定」を選ぶ

⑥発送準備中になり大体一週間くらいで到着する

【バーチャルカードの場合】
LINE Payメインメニューで発行を選ぶ → パスワードを入力する → 申込が完了し利用可能に/カード番号もすぐに確認可能

①LINE Pay画面で「バーチャルカードをすぐに発行!」を選ぶ

②「バーチャルカードを発行」を選ぶ

③パスワードを入力する

④申込が完了、すぐに使える

確認手順

①LINE Pay画面のカード番号をタップする

②パスワードを入力する

【口座振替で自動チャージ】
LINEアプリのLINE Pay画面の設定を選ぶ → 本人確認から銀行口座を登録する → 再び設定画面に戻りオートチャージをONにして金額を決める

①LINE Pay画面の「設定」から「本人確認」を選ぶ

②「銀行口座の登録」を選ぶ

③銀行の一覧から希望するものを選ぶ

④氏名や住所を入力する

⑤銀行の口座振替受け付けで手続きを行う

⑥完の了!

LINEモバイルをクレジットカードなしで契約する手順

申し込む際の違いは支払い方法の選択画面だけです。LINE Payカードを用意して公式サイトを開きましょう。

【クレカなしでLINEモバイル契約】
公式サイトで申し込みに進む → 希望プランなどを決める → 支払方法選択画面でLINE Payカードを選ぶ → カード番号などを入力する

①LINEモバイルの公式サイトで「申し込み」を選ぶ

②希望するプランやSIMカードなどを選ぶ

③支払い方法選択画面で「LINE Payカード」に✓を入れ「次へ進む」を選ぶ

④LINE Payカードのカード番号などを入力する

【LINE Payカードの名義に注意】
カードにはLINE MEMBERと記載されているが、申し込み時には契約者の氏名をローマ字で入力する

LINE Payカードの表面には「LINE MEMBER」と印字されています。クレジットカードで名義が書いてある部分です。

しかしあくまでも名義は契約者です。申し込む際にも契約者の氏名をローマ字で入力してください。

【LINEモバイルに契約中の場合】
マイページのデータ残量をタップする → 支払方法を選び変更する → LINE Payカードを選択しカード番号を入力する → メールが届き手続き完了

①マイページを開き「データ残量」を選び「支払い方法」をタップする

②緑のボタン「変更する」を選ぶ

③「クレジットカード/LINE Payカード」に✓を入れて「確認」を選ぶ

④LINE Payカードのカード番号などを入力し「変更する」を選ぶ

⑤「次へ」をタップする

⑥完了メールが届いたらOK!

LINEモバイルは銀行引き落としで料金支払いができる格安SIM

LINE Payカードでの支払いは他の格安SIMでは利用できません。オートチャージで銀行引き落とし可能にする技もLINEモバイル限定です。

格安SIMで口座振替を使いたい。できるだけクレジットカードは利用したくないという人は、LINE PayカードとLINEモバイルを組み合わせてみてください。

シェアする

フォローする