WiMAX2+を格安SIMっぽく安く使う方法

シェアする

UQコミュニケーションズが提供するWiMAX2+はとにかく速いです。

しかし、格安SIMと比べると高いのがネックです。

しかし、実はUQWiMAXのUQFlatツープラスというプランなら、上限7GBで

・基本使用料は4196円

・おトク割や長期利用割引が適用されていると最安で3696円

で利用できます。

これ、結構アリです。

とにかく速いUQWiMAX

UQWiMAXが提供している回線は、「WiMAX」「WiMAX2」「au4GLTE」の3つです。

各回線の通信速度はそれぞれ、WiMAXが13.3Mbps、WiMAX2+が150Mbpsとなっています。

利用出来る回線の種類は、使用する端末ごとに異なっています。

例えばW03(UQコミュニケーションズでも一般的なモバイルWi-Fiルーター)は、WiMAX2+とau4GLTEでの通信に対応しています。

キャリアアグリゲーションが速い

各回線での通信を行えるだけでなく、「キャリアアグリゲーション」による下り最大370Mbpsによる高速通信を可能としています。

キャリアアグリゲーションとは、簡単に言うと周波数の違う電波を束ねる事で通信速度を倍加させる技術です。

W03の場合は、WiMAX2+とau4GLTEの電波を束ねて利用する事で光回線並みの高速通信を実現しています。

W03は多数の回線に対応している優れモノですが、2016年12月に登場した最新機種「WX03」はWiMAX2+にしか対応していません。

しかし、WX03には「4X4MIMO」とキャリアアグリゲーションを融合した最新技術が導入されています。

4X4MIMOとは、基地局と端末にそれぞれ4本ずつのアンテナを装備させ、それらを同時に使う事で通信速度を上げる技術です。

WX03では4X4MIMOの電波を2つ束ねる事で8組のアンテナを同時に使った高速通信を実現しています。

この技術によって実現される通信速度は、何と下り最大440Mbps。通常のWiMAX2+の2倍になっています。

UQコミュニケーションズさまさま

以上の通信技術はUQコミュニケーションズが開発したものですが、UQWiMAXの端末でなければ利用出来ないといったデメリットはありません。

他MVNOが提供するWiMAXでも同様の技術を使ったサービスを利用可能です。勿論どのプロバイダで契約したWiMAXであっても通信速度に変わりはありません。

ただUQWiMAXには、回線提供元ならではの安心感や信頼性があります。

サポートに対するユーザーの評価が高い事もUQWiMAXの特徴です。

UQWiMAXは、スマホで言うところのauやドコモ、つまりキャリアのような親元と言うべき存在です。

多数のプロバイダがWiMAXのサービスを提供する中にあって、確固たる人気を維持しています。

WiMAX2+も格安SIMっぽく使える

WiMAX2+の高速通信を月間7GBの通信量制限付きで利用出来るプランです。

データ通信量が7GBを超えると、通信速度が128kbpsに制限されてしまいます。

とはいえ自宅で固定回線を利用し、仕事先や学校でのみWiMAXを利用する場合なら、このプランでの契約もアリです。

なおUQFlatツープラスは

・基本使用料は4196円

・おトク割や長期利用割引が適用されていると最安で3696円

で利用出来ます。

これなら格安SIMと同等の値段です。

制限付きとはいえUQFlatツープラスなら、WiMAX2+の高速通信をこの安さで利用できるわけです。

Wi-MATOME

今回はUQWiMAXについて紹介してきました。

キャリアアグリゲーションを利用した通信技術は、UQWiMAXの端末でなくても使える点は一番のメリットです。

UQWiMAXなら回線提供元である事からサポート体制もしっかりしており、安心して契約出来ます。

安心性や信頼性も高いので、どのユーザーでも安心して利用出来るのも魅力の1つです。

ユーザーの皆さんは安心して利用してください。

では、貴方のスマホライフに幸あらん事を!

シェアする

フォローする