エキサイトモバイルの評判【速度や通話料】と申し込みの流れ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エキサイトモバイルの最適料金プランは4GB/月以下の格安SIM高速プランでは最安(3GB/月なら880円)です。動画などはWiFiでしか見ない人なら余裕でその範囲に収まります。

しかもデータ利用量を節約した月は手続きなしでプランの料金が下がります。そのためWiFi接続が増えるほどどんどん安くなります。

老舗格安SIMであるIIJmioと同じ回線なので通信速度は標準的で安定、いつも安心して使えます。もし仮にLTE通信量を使いすぎた場合でも10GBまでは速度制限にかからないので快適です。

エキサイトモバイルの速度の評判

エキサイトモバイルの速度は格安SIM全体で見ると、標準、無難な辺りです。

格安SIMの宿命でもある昼12時帯は混雑のためにどうしても速度が落ちますが、そこから夜9時辺りにかけて徐々に速度が回復していきます。

混雑時は5mbpsを下回る時がありその時間だけは動画やソーシャルゲームの利用は困難です。

ただし、それは1日の中でも一時的なもので他の時間はまさしく普通に使えます。

他の格安SIM会社と同じ傾向になっているので安心です。

エキサイトモバイルとIIJmio

エキサイトモバイルはIIJmioから回線を借りてデータ通信をユーザーに提供しています。

(IIJmioはさらにドコモから回線を借りています。)

IIJmioは格安SIMの中でもっとも老舗の会社です。そのため通信速度が顧客数の増減などで変化しにくくもっとも安定しています。(混雑する「時間帯」だけはどこも同じ)

そのためエキサイトモバイルの通信速度もIIJmioとそっくりで安定しており安心して利用することができます。

エキサイトモバイルではIIJmio同様の通信速度に加え、IIJmioにはないサービス(最適料金プランなど)を提供することで独自のメリットとしているわけです。

エキサイトモバイルはスピードが遅い?遅くなった?

前述の通りエキサイトモバイルの通信速度はIIJmio同等なので、以前より顧客が増えたとしても混雑のせいで遅いということはまずありません。

以前より遅くなったというような評判は使う時間が変わった人(昼12時近くの利用が増えた人)の感想だと断言できます。

エキサイトモバイルの料金の評判

エキサイトモバイルは4GB/月以下の利用であれば格安SIMでも最安です。

大多数の格安SIMは余ったデータ容量を翌月に繰り越す(二ヶ月先には繰り越せない)ことでムダの無さをアピールしています。

しかし普通は繰り越したデータ容量すら分からず使っていることが多いため、その分を結局ムダにしてしまっていることが多いんです。

エキサイトモバイルの最適料金プランでは本当に使った分だけが自動的に計算されてムダが発生しません。

「余計なお金を払わないですむ」というカタチで完全に節約できます。

ただし最適料金プランでも5GB/月以上だと他社の方が安くなってくるので、家などでのWiFi利用がメインだと言う人に一番向いている格安SIMだと言えます。

エキサイトモバイルの料金プラン

  • 最適料金プラン
  • 定額プラン

エキサイトモバイルで一番選ぶ価値があるのは最適料金プランです。

例えば最適料金プラン音声通話機能付きで3GB/月だった場合は1580円。

その辺りを基準にして使った通信量に応じた最安の値段に調整してくれます。

(2GB/月なら1470円、4GB/月なら1850円と自動で変わる)

WiFi利用が多いときは相当安くなり、そうでないときも速度制限にはまず引っかからないわけです。

以下表の価格に+700円で音声通話機能付き(電話機能付き)の料金になります。

エキサイトモバイルの最適料金プラン

最適料金プラン表
高速データ通信量
(月あたり)
コース
1枚コース 3枚コース
低速通信のみ 500 円(税抜)
100MB 1,050 円(税抜)
500MB 630 円(税抜) 1,100 円(税抜)
1GB 660 円(税抜) 1,180 円(税抜)
2GB 770 円(税抜) 1,340 円(税抜)
3GB 880 円(税抜) 1,550 円(税抜)
4GB 1,150 円(税抜) 1,780 円(税抜)
5GB 1,450 円(税抜) 1,890 円(税抜)
6GB 1,600 円(税抜) 1,950 円(税抜)
7GB 1,900 円(税抜) 2,100 円(税抜)
8GB 2,120 円(税抜) 2,190 円(税抜)
9GB 2,200 円(税抜) 2,380 円(税抜)
10GB 2,380 円(税抜) 2,540 円(税抜)
11GB 2,830 円(税抜)
12GB 3,100 円(税抜)
13GB 3,450 円(税抜)
14GB 3,790 円(税抜)
15GB 3,980 円(税抜)

とにかく使った分しか料金が発生しないので全く無駄がありません。

あなたが使ったデータ通信容量に合わせて、大体1GBごとで自動的に料金が計算されます。

翌月への繰り越しはありませんが、むしろ必要ありません。

万一使いすぎたとしても上限は10GB/月の2380円(1枚コースの場合)なので高額になる心配がなく安心です。

5GB/月以上でも特別高いわけではないんです。

他の格安SIMでも自分にもったいないくらいのデータ利用量だと気付いたときにプラン変更をすることは出来ますが、面倒な手続きをする必要があります。

しかも他社の場合、変更の適用は翌月からなので結局その月は高いプラン料金を支払うことになります。いざ翌月になってみたら今度は多めにデータ利用して速度制限になってしまう可能性だってあります。

最適料金プランなら、料金変更手続きが全て自動になる、その月に使っていなければその月が安くなる、多めに使っても10GBまでは速度制限にならない、と非常によく出来ています。

エキサイトモバイルの定額プラン

定額プラン表
高速データ通信量
(月あたり)
コース
1枚コース 3枚コース
0MB 650 円(税抜) 1,100 円(税抜)
1GB 670 円(税抜) 1,260 円(税抜)
2GB 770 円(税抜) 1,450 円(税抜)
3GB 900 円(税抜) 1,680 円(税抜)
4GB 1,170 円(税抜) 1,980 円(税抜)
9GB 2,250 円(税抜) 2,460 円(税抜)
20GB 3,980 円(税抜) 4,480 円(税抜)
30GB 5,980 円(税抜) 6,580 円(税抜)
40GB 7,980 円(税抜) 8,580 円(税抜)
50GB 10,180 円(税抜) 10,680 円(税抜)

他社同様に定額プランで月に余った高速データ通信量は一ヶ月だけ繰り越されます。

とは言え、普通はエキサイトモバイルでこのプランを選ぶことはなかなかありません。

最適料金プランの上限が10G/月Bまで(3枚コースなら15GB/月まで)なので、それ以上の通信量を使いたいときだけは定額プランに変更する必要があります。

エキサイトモバイルの通話料

通話料 通常 20円(税抜)/30秒
テレビ電話 36円(税抜)/30秒

エキサイトモバイルの通話料金はこれまた普通です。

通話が多い人にはあまり向いていないんですが、それでもエキサイトモバイルにしたい場合は電話アプリをうまく使うといいです。

楽天でんわなどなら料金は安く、なおかつ通常の電話回線なので通話品質も良いです。

エキサイトモバイルではプラン変更も可能

いつでも月に一回プラン変更することができます。

何かの理由で定額プランに契約した場合でも、簡単に最適料金プランに変更したりできます。

エキサイトモバイルは分割支払いで端末も買える

エキサイトモバイルの料金の支払いは全てクレジットカードです。端末をセット購入する場合にもクレジットカードが使えます。

そのためクレジットカードの分割支払いを使うこともでき、初期費用が抑えられます。

エキサイトモバイルでは日割り計算がない

エキサイトモバイルでは月途中などで契約開始した場合でも日割り計算にはなりません。

とは言え、最適料金プランの場合は結局使った分しか料金が発生しないので別に損はしません。

エキサイトモバイルのSIM3枚コース(2枚は×)

エキサイトモバイルでは契約時に各料金プランを1枚コースにするか、3枚コースにするかを選べます。

3枚コースでは各SIMカードでプラン内のデータ通信容量をシェアすることができます。

タブレットや二台目スマホなどを一契約で利用できるのでとても便利になります。

4枚目、5枚目も別途追加できる

追加SIM

4枚目・5枚目追加時
月額390円(税抜)/枚

3枚コースに更に追加もでき、最大で5枚のSIMカードまで容量シェアができます。

ただし初回契約時以外では手数料がかかるので、シェアする予定の場合は最初に申し込んでおきましょう。

SIM追加手数料 3,000円(税抜)/申込

エキサイトモバイル回線の評判

エキサイトモバイルではドコモ回線のみ(ドコモ→IIJmio→エキサイトモバイル)を使っています。そのためスマホを購入した会社によってはSIMロック解除が必要になります。

iPhoneでもAndroidでも共通です。

エキサイトモバイルとドコモ

ドコモで購入したスマホをエキサイトモバイルで利用する場合は、SIMカードを差し替えて設定するだけで使えます。

SIMロック解除は必要ありません。

ちなみにドコモ回線であるエキサイトモバイルでは4G回線と3GB回線の両方が利用できます。

もし4G回線が入らないエリアに入っても自動的に3G回線に切り替わり、なかなか圏外になりにくいという特徴があるので助かります。

エキサイトモバイルとau・ソフトバンク

auやソフトバンクで購入したスマホをエキサイトモバイルで利用する場合はSIMロック解除をする必要があります。

SIMロック解除すればドコモ回線でもつかむことができるようになり、エキサイトモバイルででも普通に利用できます。

余談ですが、au回線の格安SIM(UQモバイルなど)では4G回線しか利用できないため圏外になる場所が結構あります。

ドコモ回線の方が圧倒的に安定度が高いです。

エキサイトモバイルの申し込みの流れ

エキサイトモバイルの申し込みに必要なものは以下4つです。

  • メールアドレス
  • クレジットカード
  • 本人確認書類(端末セットか音声通話機能付きの場合)
  • MNP予約番号(10日以上の有効期限があるもの)

本人確認書類は免許証などの写真のことで、申し込み時にアップロードするだけなのでカンタンです。

エキサイトモバイルへMNP転入準備

MNP予約番号:電話番号そのままで携帯会社を変えるために必要な番号

まず、MNP予約番号を取得してもスマホ自体は普通に使えます。

安心して下さい。

その上で、エキサイトモバイルにMNP転入するには先に現在利用している携帯会社でMNP予約番号を取得しておく必要があります。

MNP予約番号は10桁です。

SMSで送られてくる場合もありますが、音声案内などで伝えられることもあるので必ずメモを取りましょう。

33-5555-7777のようにハイフンが入っていても数字だけが実際に入力する部分です。

MNP予約番号の有効期限は15日間となっています。

エキサイトモバイルに申し込み → SIMが到着 → 開通手続き

までの間に有効期限が切れないよう余裕を持たせるために、申し込み時には「MNP予約番号(10日以上の有効期限)」となっているわけです。

でももし有効期限が切れても普通にスマホ自体は使えます。

それで解約されたりはしないので安心して下さい。MNP予約番号を再発行してもらえばいいだけです。

エキサイトモバイルの申し込み手順

  1. エキサイトモバイルのSIMの申し込み
  2. エキサイトIDををつくる
  3. 住所とパスワードを確認する
  4. クレジットカードを登録する
  5. 申し込み情報を確認する

公式サイトでSIMカードなどの申し込みをする

エキサイトモバイル申し込みページに行く。

「お申込み手続きはこちらから」をクリックする。

「プラン選択に進む」をクリックする。

④料金プラン、SIM枚数、SIMサイズを選ぶ。

(通話機能をつけたい場合はオプション「音声通話機能」を選ぶ。)

「利用開始希望日」を選ぶ。(大まかでもよい)

「この内容でお申込みに進む」をクリックする。

エキサイトIDをつくりマイページにログインできるようにする

「新規エキサイトID作成」をクリックする。

②パスワード(新しくつくる)などの必要事項を入力する。

「エキサイトIDを登録」をクリックする。

「ご利用中のサービスに戻る」をクリックする。

「確認メールを受け取る」をクリックする。

⑥届いたメールの認証URLをクリックする。

⑦さっき決めたパスワードを入力する。

(エキサイトIDが登録されログインできるようになる。)

「ご利用中のサービスに戻る」をクリックする。

住所とパスワードを確認する

①契約情報の表示が問題なければ「次へ」をクリックする。

②SIM送付先住所が間違いなければ「次へ」をクリックする。

③確認のために、さっき決めたパスワードを入力する。

クレジットカードを登録する

①契約者と同じ名義のクレジットカード情報を入力する。

(契約者と違う名義だと登録できない。)

申し込み情報の確認をする

①申し込み情報が問題なければ「この内容で申し込む」をクリックする。

申し込みが完了!!

エキサイトモバイルのSIMカードが届くまで

大体1週間前後でSIMカードが届くと伝えられますが、実際はそれより早く届くことがあるようです。

エキサイトモバイルの端末補償

端末補償 支払料金 料金請求元
月額料金 500円(税抜) エキサイト(株)
修理交換費用 4,000円(税抜)~9,000円(税抜)

エキサイトモバイルで端末セットとして申し込んだ場合にだけ、端末保証も加えることができます。

加入するには端末セット申込みの際、「同時」に端末保証も申し込む必要があり、その端末だけが対象となります。

メーカー保証では対象外となることが多い自損や水濡れによる故障も補償対象となります。

エキサイトモバイルではVISAなどのデビットカードは使えない

エキサイトモバイルではどこのカード会社でもデビットカードは使えません。使えるのはクレジットカードのみになります。

エキサイトモバイルの事務手数料

エキサイトモバイルの事務手数料(新規契約手数料)は3000円(税抜)となっています。

エキサイトモバイルのAPNの構成プロファイル設定

SIMカードが届いたら、スマホにSIMカードを挿入しましょう。

APN情報はエキサイトモバイル公式サイトから確認できます。

またiPhone用の構成プロファイルは公式サイトからダウンロードすることができます。

exciteモバイルのAPN設定(Android)

APN vmobile.jp
ユーザー名 設定は不要
パスワード 設定は不要
認証タイプ PAPまたはCHAP

ユーザー名とパスワードはごく一部の機種で必要になることがあります。その場合は以下の通りです。

ユーザー名:bb@excite.co.jp
パスワード:excite

MCC入力を求められた場合
MCC 440
MNC 10

エキサイトモバイルのAPN設定(iPhone)

iPhoneの場合は、WiFi接続できるのであればエキサイトモバイルの公式サイトからios用プロファイルがダウンロードできます。

設定 → 一般 → プロファイル と進んで、ダウンロードした構成プロファイルを選択すれば完了です。

WiFi環境がない場合は、同じ項目で上記Androidの場合のように手動で設定すればOKです。

エキサイトモバイルの動作確認端末

動作確認端末をまとめた一覧もエキサイトモバイル公式サイトから確認できます。

  • LTE対応か?
  • テザリング可能か?
  • 音声通話可能か?
  • アンテナピクト表示があるか?
  • SIMカードのどのサイズか?

といった内容がかなりの機種でテストされており丁寧にまとめられています。

エキサイトモバイルのその他の設定

上記のAPN設定がいわゆる初期設定です。

キャリアメールがあった会社からの乗り換えの場合はメールアドレス設定が必要になります。

その他の設定はいつ行っても構いません。

エキサイトモバイルのメールアドレス設定

エキサイトモバイルに限らず格安SIMでは、基本的にキャリアメールサービスがありません。

GmailやYahooMailなどのフリーメールを設定することになります。

(ボクはGmailでスマホ用アカウントを作って使っています。)

エキサイトモバイルの電話番号設定

SIMカードを挿入してAPN設定が終われば規定の電話番号で受信するようになります。

MNP転入の場合はこれまで同様の電話番号が使えます。

新規登録の場合は新しい電話番号が振り分けられます。

エキサイトモバイルの留守電設定

留守番電話 月額350円(税抜)/枚
割り込み着信 月額250円(税抜)/枚

留守電はオプションとして申し込むことができます。

エキサイトモバイルのテザリング

エキサイトモバイルでのテザリング自体は可能です。

iPhoneなどは全く問題なくテザリングが使えます。

他は機種によってテザリングに対応していない場合があるため、公式サイトの動作確認端末表を確認してみて下さい。

エキサイトモバイルマイページへログインして出来ること

定額プラン、最適料金プランどちらでも高速通信容量が上限に達してしまった場合、エキサイトモバイルのマイページにログインすればカンタンに追加容量をチャージすることができます。

追加容量チャージ 580円(税抜)/1GB

チャージした月末まで有効です

エキサイトモバイルのバースト機能

エキサイトモバイルマイページにログインすると高速通信と低速通信の切り替えができます。

低速通信時でもバースト機能が備わっているため、テキストサイトやSNSなどが予想以上にサクサク閲覧できます。

バースト機能:最初の数秒間だけ高速で通信できる機能

エキサイトモバイルのクーポンスイッチ

高速通信容量の追加チャージと、高速・低速通信切り替えはエキモスというアプリでも可能です。

エキサイトモバイルにはクーポンスイッチ切り替えの公式アプリがありませんが、エキモスを使えばさらにカンタンに追加容量チャージや通信速度切り替えが行えます。

エキサイトモバイルはヨドバシ店頭などでは扱っていない

ヨドバシなど大手の家電量販店では多くの格安SIMの申し込みカウンターがあり、パッケージ販売もしています。

ところがエキサイトモバイルの格安SIMはどこも扱っていません。

エキサイトモバイルは実店舗がない

そもそもエキサイトモバイルは実店舗での販売を行っていません。

そのため必ずエキサイトモバイルの公式サイトから申し込む必要があります。

ぜひこの記事内のリンクからエキサイトモバイルに行ってみて下さい。

オナシャス!笑

エキサイトモバイルのエントリーパッケージ

エキサイトモバイルにはエントリーパッケージがありません。

嘘じゃありません!本当です。(^_^;)

この理由はエキサイトモバイルでは「自宅でスマホ切り替え」という独自サービスによってパッケージのコストを削っているためだと思います。

エキサイトモバイルの自宅でスマホ切り替え

エキサイトモバイルには「自宅でスマホ切り替え」という専用ページがあります。

公式サイトから申し込んでSIMカードが届いたら「自宅でスマホ切り替え」のページで手続きをしますが、これが他社で言うエントリーパッケージのような内容になっています。

そのためやっぱり最初の申し込みはエキサイトモバイルの公式サイトで行う必要があります。

ぜひこの記事内のリンクからエキサイトモバイルに行っ(ry

ほんとオナシャス!笑

エキサイトモバイルの契約の早期解約違約金

音声通話機能付きSIMの場合、契約から12ヵ月間以内に解約する場合は違約金(正式には解約事務手数料)が発生します。

解約事務手数料は9500円です。

エキサイトモバイルの評判はとにかく最適料金プラン!

エキサイトモバイルを語るのであれば、最適料金プランの話が前提になるほど安くて便利です。

毎月の通信量が安定しない人が定額プランに入るのは効率がよくないのですが、最適料金プランがある格安SIMはエキサイトモバイルだけなんです。

他社の料金プランで、余裕を持ってムダに大きめのプランに入っていたり、月末に速度制限になるギリギリのプランを選んでいる。

そんなあなたにピッタリで、なおかつ一番安く利用できる格安SIMがエキサイトモバイルの最適料金プランです。

ぜひ利用してみて見て下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする