IIJmioのSIM+端末コミコミセット評判と手続き方法

シェアする

ボクは3年以上IIJmioのみおふぉんを利用していてDoCoMo並みに快適で満足してますが、5年前はコミコミセットなんてなかった(怒)。お得か?絶対にお得ですよ!!笑

格安SIMシェアNo.1のIIJmioの端末セットだから評判は良く加入者は更に伸びているらしいし!

コミコミセットは月額たった1880円~、現在選べる端末の詳細は公式サイトで確認できます!※11月6日までキャンペーン中!初期費用3000円→1円、データ量2倍!

IIJmioコミコミセットの評判

最初のコミコミセットは期間限定で催されたキャンペーンでした。その時の反響が以下の通りです。

通常は、端末を買うのは既存のユーザーが7割ですが、今回は逆で、7割がIIJmioを使っていなかった人たちで、初めてコミコミセットを申し込んでいます。そのため、属性データも違ってきていますね。
年代で言うと、通常より50代、60代、70代の比率が高い。若干年齢が高い層が多いですね。女性が少なく、男性が多いのですが、これは妻に使わせる、子どもに使わせるという比率が全体の契約者と比べると高いこともあります。ITmedia Mobile「申込数は「想定通り」、内容には「賛否両論あった」 IIJmio「コミコミセット」の狙い」より

普段のユーザーではなく新規のユーザー、特に高い年齢層に反響があったようです。

IIJ(インターネットイニシアティブ)mioはどんなMVNO?

Q:IIJMIOは速いですか
A:格安SIMの中では中の上。利用目的別に帯域制限を一切しない。速度が長期間変化しない上にまずまず速い。この2点が他社と比べて評価できる格安SIMです。

Q:IIJMIOは快適ですか
A:Aプラン、Dプラン共に快適ですね。

ヤフー知恵袋より

IIJmioは格安SIMの中でもっとも老舗で安定感のあるMVNO。3大キャリアで言うとDoCoMoのポジションです。

もちろんDoCoMoよりも圧倒的に安いためコスパがハンパなく、他社格安SIMと比較すると群を抜いています。(しかも二年縛りもない!)

実際毎月使っていても圏外になることはごくまれ(山中や深い地下など)です。

もっとも無難なのに料金は最安クラス、コスパ最強でお得な格安SIMがIIJmioです。

IIJmioコミコミセットはなぜお得か?

端末セットで月々1880円~というセットはなかなかありません。

コミコミセットでさらに特筆すべきは2年縛りもないし、むしろ2年後にまた安くなるという点です。

コミコミセット24ヶ月目以降の月額料金

IIJmio公式サイトより

普通、スマホ端末を安く提供するのは自社を解約させないためのエサです。

そのため、

  • 2年間は解約してはいけない。
  • 2年経過したら自動更新する。
  • 更新後は料金アップする。

というひどい縛りが付いてくる会社があるわけです。

コミコミセットはそんなモノがなく、安心お得でホント良心的です。

IIJmioコミコミセットのインターネット手続き方法

申し込みは簡単です。

①↓のリンクからIIJmioの公式サイトに行く。

②「>コミコミセットのお申込みはこちらを」クリック。

③スマホの種類や端末保証の有無をクリックして選択する。

④「選択した内容で申し込む」をクリックする。

⑤mioIDを入力する。(持っていない場合も簡単に登録できます)

⑥クレジットカードや本人確認データを入力する。

⑦MNP予約番号を取得して入力する。

SIMカードはdocomoとauの回線が選べる

確実にタイプD(docomo回線)の方が早くて安定しています。タイプDなら4G回線と3G回線の両方が受信できるためです。

SIMフリー機種やdocomo機種の場合は迷わずタイプDを選びましょう。

タイプA(au回線)は4G回線しか受信できないため、電話状況が悪い場所(4Gの範囲外)に入ると圏外になってしまいます。

とはいえ、タイプAも市街地での利用であればそこまで気にする必要はありません。

パッケージ価格と初期費用

パッケージ価格と初期費用は合わせて3000円となっています。

※11月6日までキャンペーン中!初期費用3000円→1円となっています!

SIMカードの発行手数料はタイプDが394円、タイプAが406円です。

ビックカメラやイオングループなど店舗では適用されない

IIJmioはビックカメラやイオングループでも契約手続きができますが、コミコミセットは申し込めません。

コミコミセットはIIJmioの公式サイトでネット申し込みをする必要があります。

IIJmioコミコミセットのプラン

コミコミセットは1年目と2年目で料金プランが変わります。またスマホのモデルが入門モデル、標準モデル、高機能モデルに分かれておりそれによっても料金プランが変わります。

コミコミセットはミニマムスタートプラン

コミコミセットの場合は3GBのミニマムスタートプランで申し込むことになります。

スマホ端末+3GB+3分以内かけ放題のセットが基本になるわけです。

入門モデル 標準モデル 高機能モデル
月額料金 1年目 1,880円 2,480円 2,980円
2年目 2,880円 3,480円 3,980円
通信量 3GB
通話 3分以内の国内通話かけ放題

後でライト、ファミリーへのプラン変更もできる

IIJmioではマイページからいつでもプランの変更が可能です。

そのため一番安い3GBのミニマムスタートプランで始めて、もし容量がオーバーするようならライトスタートプランやファミリーシェアプランに変更する。そんな方法が使えます。

自分にちょうどよい利用料金を、実際に試しながら調整できるので無駄がなくなります。

入門モデル 標準モデル 高機能モデル
6GB 1年目 2,500円 3,100円 3,600円
2年目 3,500円 4,100円 4,600円
12GB 1年目 3,540円 4,140円 4,640円
2年目 4,540円 5,140円 5,640円

ファミリー向けにシェアもできる

追加SIMカードを申し込んで、家族のスマホやタブレットに容量をシェアすることができます。

ミニマムスタートプラン、ライトスタートプランは最大二枚まで。ファミリーシェアプランなら、なんと最大10枚までシェアできます。

IIJmioコミコミセットの機能とオプション

無料でついてくるサービスの充実と選べるオプションの豊富さはIIJmioの大きな特徴です。

音声通話3分まで何度でもかけ放題

コミコミセットには音声通話3分までかけ放題がついてきます。

大抵の通話は3分もあれば事足りるので、通話料が加算されずにすむことも多いです。

みおふぉんダイアルで通話料半額

もし3分以上の通話をする場合は、通話アプリのみおふぉんダイアルを使うと通話料が半額になります。

アプリはIIJmioのユーザー限定で利用できます。

余ったらパケットが繰り越される

IIJmioでは使わなかったデータ利用量は翌月に繰り越されます。

あまり使わなかった月でもその分は翌月多めに利用することができるので無駄がありません。

速度規制になったらクーポン課金で容量追加できる

契約プランのデータ利用量上限を超えてしまうと、速度規制にかかってしまいます。

高速通信ができなくなるので動画視聴やゲームアプリの利用が困難になります。

その場合は「みおぽん」という公式アプリで容量追加クーポンを購入すれば解決します。

公衆WiFiであるエコネクトの無線LANが使える

月額362円(税抜)で公衆Wi-Fiのエコネクトに加入できます。

街中のカフェ、飲食店、空港などで無線LANが利用できるので容量の節約に大きく貢献します。

IIJmioコミコミセットを解約する場合

コミコミセット契約後24ヶ月以内に契約解除した場合は、24回分割で支払う分の端末代金残額を支払うことになります。

また、みおふぉん(音声通話SIM)では契約から1年以内に解約すると「音声通話機能解除調定金」という違約金みたいなものがあります。

((12ヵ月-利用開始月を0ヶ月とした利用月数)×1,000円(税抜))が発生します。

つまり、利用開始1年以降の解約なら音声通話機能解除調定金は発生しないということ。

そしてIIJmioには二年縛りはありません。

端末代金の支払いが終わる24ヶ月目以降なら、いつ解約しても違約金ぽいものは発生しないというわけです。やさしみ。

モバイル端末のSIMロックはされていない

コミコミセットのモバイル端末はどれもSIMフリー機です。

そのためもしIIJmioを解約して他の格安SIMに転入する場合でも利用できる確率が高いです。

(SIMフリースマホなら基本的にどの格安SIMも利用できます。)

SIMロックをかけてセット販売をしているMVNOもある中で、太っ腹です。

コミコミセットは月額たった1880円~、現在選べる端末の詳細は公式サイトで確認できます!※11月6日までキャンペーン中!初期費用3000円→1円、データ量2倍!

シェアする

フォローする